読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Traffic aggregation

メインは鉄道なれど、バスに飛行機、フェリーから自家用車まで、交通機関なんでもござれ。

【乗車記】2016/08/18 はくたか563号 東京→長野

いつか乗っておきたい、と思っていた北陸新幹線グランクラスに乗車してきました。普段は大宮駅から新幹線に乗ることが多いのですが、今回はラウンジも体験するべく始発駅・東京から乗車します。
f:id:cosoadd:20160818164957j:image

東京駅八重洲中央改札から一旦出場し、ビューゴールドラウンジに向かいます。東京駅からグランクラスに乗車する場合、発車の90分前から利用できます。今回はモバイルSuica特急券を利用したので、受付で画面を見せて中に入りました。

f:id:cosoadd:20160818165038j:image

お盆明けの平日なので、利用者も少ないだろう…と思いつつ中に入ると、先客は3組だけ。思った通り空いていました。

f:id:cosoadd:20160818164722j:image

早速飲み物を…空港ラウンジとは異なり、セルフサービスではありません。注文後に席まで持ってきてくれます。注文したアイスカフェオレと合わせて、お菓子、ビューゴールドプラスカード保有者向けの冊子、開設半年?だったかの記念品のリンゴジュースのお土産が運ばれてきました。
f:id:cosoadd:20160818164711j:image

ラウンジ内は鉄道・東京駅をキーワードとしていると思われる写真や図面などの展示もあります。ちなみに、案内されて座った席は、テーブルがレールの断面を反転させた形状になっていました。
f:id:cosoadd:20160818164638j:image

名残惜しいですが、発車時間も近づいてきたためホームに向かいます。東京駅では、折り返しの車内清掃により、入線後も待つことが多々あります。一方で、今回乗車したはくたか563号は車両基地から回送されてきたため、待たずに乗車できました。
f:id:cosoadd:20160818165108j:image

車内へ。空いていたので一人席側を予約しました。E5系の座席とは違うメーカー製ということもあり、どんな違いが…と思いつつ座ります。印象としては、硬すぎず柔らかすぎずのちょうど良い座り心地でした。E5系より柔らかく、B777JAL国内線ファーストクラスの座席よりも硬め…な感覚です。
f:id:cosoadd:20160818190556j:image
f:id:cosoadd:20160818165145j:image
f:id:cosoadd:20160818165225j:image

写真を撮影している間に東京駅を出発。上野駅停車後に、視界が霞むほどの猛烈な雨の中を大宮駅に向かいます。飲み物・軽食の注文の順番がまわってきそうだったので、テーブルを広げます。よくある木目調…ではなく、シャンパンゴールドのメタリックな(というか金属製の)テーブルです。引き出し方がなかなか特徴的ですね。
f:id:cosoadd:20160818165256j:image
f:id:cosoadd:20160818165314j:image

軽食は、和・洋の2種類ありますが、比較的量が多い和食を注文しました。飲み物はビールやワインなどアルコールもありますが、日中だったのでソフトドリンクを。ちょっとした駅弁のような見た目・量なので、食事時に乗車するのが一番だと思います。
f:id:cosoadd:20160818165344j:image
f:id:cosoadd:20160818165402j:image

食後は、デザートとしてパウンドケーキを注文しました。ケーキはグランクラスオリジナル品で、列車の目的地の素材を使っているようです。食べ終わる頃には碓氷峠を越えて、トンネルや車窓の緑が多い長野県内に入っていました。長野までもう少し。
f:id:cosoadd:20160818165421j:image
f:id:cosoadd:20160818165447j:image

森将軍塚古墳付近を通るトンネルを抜けると、長野まではもう間もなく。新幹線・高速道路問わず、このトンネルを抜けると長野に着いたという実感が湧きます。長野到着後は、JR東日本からJR西日本への乗務員の交代を見届けて、金沢に向かうはくたかを見送りました。
f:id:cosoadd:20160818223457j:image

東京駅からわずか1時間半ほどと短距離での利用でしたが、軽食とデザートを食べてまったり過ごすには、ちょうどよい距離のように思います。軽食の包み紙がE7/W7系の塗装と同じデザインだったり、ケーキの素材に能登大納言と加賀棒茶が使われているなど、北陸新幹線らしいところがいろいろとあるグランクラスでした。