読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Traffic aggregation

メインは鉄道なれど、バスに飛行機、フェリーから自家用車まで、交通機関なんでもござれ。

【体験記】2016/02/13 ビジネスクラス機内食体験とセントレア空港島内・滑走路スペシャル見学ツアー

セントレアでは、空港島内・滑走路見学ツアーが頻繁に企画されており、比較的参加しやすいツアーになっています。
たまたま、2月開催予定のツアー日程を確認している際に"ビジネスクラス機内食体験"、"24名限定"の文字を見かけ、ついつい申し込んでしまいました。

f:id:cosoadd:20160214222324j:image
セントレアへは羽田からJAL201便で

ツアーの集合時刻は11時頃だったので、羽田から直接セントレアに移動。一昨年、羽田=中部線の同じ便に搭乗した時は空席が目立っていましたが、今回はほぼ満席でした。

f:id:cosoadd:20160214223039j:image
滑走路見学開始

集合後、身分証明書や手荷物検査、ボディチェックを経て、バスに乗車します。ゲートを抜けて、いよいよ立ち入り制限区画へ。

車内は自由席だったのですが、やけに進行方向左側の座席ばかり埋まっていました。何故かというと、進行方向左側の方が写真が撮りやすいためでした。次回参加するなら、左側に座らないと…。

行程のちょうど半分、旅客ターミナルの滑走路を挟んで反対側付近でバスを降車し、撮影会が始まります。

f:id:cosoadd:20160215062042j:image

この日は、天候があまり良くなく、雨が降っていないのが、せめてもの救いでした…雨天の場合には降車しての見学が無しになることもあるそうです。

f:id:cosoadd:20160215062508j:image
続けて機内食体験の会場へ。

再度バスに乗車し、グルッと1周まわったところで、次の目的地・名古屋エアケータリングに移動します。機内食体験の会場は、同社の一室なのですが、駐機場を眺めることができる部屋でした。

f:id:cosoadd:20160215062847j:image
f:id:cosoadd:20160215062918j:image
f:id:cosoadd:20160215062946j:image
f:id:cosoadd:20160215063020j:image
前菜・お造り・アペタイザー

f:id:cosoadd:20160215063150j:image
f:id:cosoadd:20160215063229j:image
和食コースの主菜

f:id:cosoadd:20160215063330j:image
ご飯もの

f:id:cosoadd:20160215063440j:image
デザート

いよいよ、お待ちかねの機内食体験がスタート。申し込み時に洋食と和食から選べますが、私の場合は残席が少なかったため自動的に和食になりました。とはいえ、主菜が異なるぐらいで、コース間の違いはあまりありませんでした。

さすがにビジネスクラス機内食体験と銘打つだけあり、月並みな言葉ですが、各メニューともにとても美味しかったです。
# 美味しそうに見えないとしたら、私の写真の腕の問題ですね。

食器だけは、機内用では使えない立体的なものを使っているとのことですが、調理法や味付け等は実際の機内食と同じとのことでした。また量も多いなと感じたのですが、今回は実際に機内で出すよりも若干多めにしたそうです。

今回は工場内までは見学出来ないことから、食事に舌鼓を打つ間、スライドによる会社の概要や調理行程などの説明などを伺うことができました。これこそ、就活にでも来なければなかなか伺う機会の無い内容なので、貴重な体験です。

f:id:cosoadd:20160215070029j:image
おみやげ

あっという間に終了時間になりましたが、ここでサプライズが。協賛航空会社のグッズが入ったお土産をいただけることになりました!

各社のお土産がランダムに入っているとのことでしたが、紅葉まんじゅうとセントレアのクリアファイルは、どうも共通だったようです。

今回のような機内食体験は、てっきり以前から開催していたのかと思っていましたが、今回が初めて&2回目の予定は立っていないとのことで、とても貴重な体験ができました。